• Akiko Momose

「マナー」と「エチケット」そして「礼儀」の違い

私はマナーとエチケットという言葉が苦手です。この二つの言葉の波動の中には、支配・コントロールのエネルギーがあるからです。


マナーとエチケット、そして「礼儀」は違います。この記事では、この3つの違いについて書きたいと思います。


マナーとエチケット


発祥は、古くはフランスのルイ14世まで溯ります。絶対王政を布いたルイ14世は、国内の貴族たちが自分に逆らわないよう、ベルサイユ宮殿を建築してそこに貴族たちを住まわせました。


自分たちの領地から遠く引き離され、広大な宮殿に閉じ込められて自由を奪われ、一日中やることもなく過ごす貴族たちの生活は、美食、ドラッグ、ギャンブル、酒、セックスといった荒んだものになっていきます。


宮殿内では、神経質でカリスマ的なルイ14世の逆鱗に触れないよう、様々な「暗黙のルール」や「プロトコル」が作られて行きます。それがマナーとエチケットなのです。


食事の際の席順、サロンでの振舞い方、廊下でのすれ違い方、言葉の遣い方、もろもろ。身分が下の者から上の者へは話しかけてはならない、話かけるのは常に上から下の者へ。挨拶にはこの言葉を使う、など。事細かなプロトコルが設けられました。


それもこれも、ルイ14世の機嫌を損ねて自分が失脚しないための処世術だったのです。


つまり、マナーとエチケットというものには、発祥時より強烈な「支配・コントロール」と「恐れ」のエネルギーが含まれていたということです。


今ではどうか知りませんが、日本では「化粧はマナー」というようなことが言われていました。「化粧しない顔色の悪い素顔を晒すのは相手に対して失礼、だから化粧をすべき」という論調だったと思います。


私のイギリス人の知人・友人は全員、アジア人女性の化粧の濃さについて「不自然」とコメントしています。


「アジア人はなぜあんなにファンデーションを使うの?肌を隠すの?顔が真っ白で作り物ものみたい」。


日本人では良く思われることでも、他の国の人たちからしてみたら「異様」にしか見えないということは多々あります。マナーは「処世術」や「暗黙のルール」でしかありませんから、文化によって内容が変わるということなのです。


私は、「マナーを守りましょう」と声高に叫ぶ人が苦手です。支配とコントロールのエネルギーを感じるからです。この二つは、基本的に「べきべき」「ねばならない」エネルギーなのです。


礼儀は相手に対する尊重と思いやり


それに比べて、私は「礼儀」は相手に対する尊重と思いやりだと捉えています。相手のことを「自分と同じように大切にしたい」という気持ちの表れが礼儀だと思うのです。


なので、私は私に対する「礼儀」の無い人とはお付き合いしません。冷たいと思われるかもしれませんが、これは私という人を守るためには必要なことなのです。


今回は、マナーとエチケット、そして「礼儀」の波動の違いについて書いてみました。


© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。

​© Akiko Momose All Rights Reserved.

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトLinkedInのアイコン
  • ホワイトSoundCloudがアイコン