怒りを表現することの重要性

私たち人間の多くは、「怒り」の感情を適切に扱うことが大変苦手です。

多くのケースでは「怒りは悪いもの」「怒りは良くない感情」「怒りは持ってすらならないもの」として、抑圧することを強制されて育ちます。

ですが、怒りは動物に本能的に備わっているとても大切な感情で、しっかり認め肯定する必要があるものです。そうせずに抑圧していると、鬱病や病気を発症します。

怒りとは

怒りとは私たちの命から発せられる純粋なエネルギーで、形態としてはフォース、生命力の一種です。健全な怒りをしっかりと表現できる動物や人間は、生命力が強いです。


怒りが生じるのは、

  1. 自分が必要なものを受け取っていないとき

  2. されたくないことをされているとき


この2つの場合だけです。怒りとは本来、健全な境界線の場所を示すバロメーターなのです。

自分が必要なものを受け取っていないとき

例えば黒人は、様々な差別を受け、基本的人権すらも認められず、世界中で奴隷として使役されてきた歴史があります。

基本的人権と労働報酬は、私たち人間が全員受け取る必要があるもので、これを受け取れないときに怒りを感じることは、正当で健全な反応です。

また、自分の持ち物を家族が勝手に持って行って使ってしまったという場合、自分の中に「どうして一言私に断りを言わないの?」という思考が出て来て、怒りを感じるかもしれません。「自分を尊重して欲しい」という正当なニーズが満たされないための怒りです。「尊重のニーズ」は私たち人間が誰でも自然に持っているニーズで、無くすことは出来ません。この場合の怒りも正当で健全な反応と言えます。

されたくないことをされているとき

自分がやりたくないことを強制的にさせられることが好きな人はいません。誰かに無理やり何かをさせられるとき、怒りが湧き上がります。「強制しないで」という気持ちになります。この場合、自分がしたくないことを強制されている怒りで、正当で健全な反応です。行きたくもない学校に親の希望で行かされる、就きたくもない職業に親の希望で就かされる、結婚したくない相手と親の希望で結婚させられる、など。

中国や香港では、街中にカメラが設置されていて、顔認証で人々の行動が管理・監視されています。基本的人権を侵害する政府の越権行為で、これに対して怒りを感じることも、正当で健全な反応と言えます。

怒りとは本来的に、自分が抱えている不平・不満を認め、解消し、改善する道へと向かう、とても前向きなエネルギーなのです。

しかし、「怒りは悪いものだ」との価値判断を植え付けられているために、怒りを持ってはならない、感じてはならないと「抑圧」してしまうことから、エネルギーが捻じれたり激化したりするのです。

怒りは絶対に抑圧してはなりません。


まずは自分が怒っていることを認め、それを「適切に表現」する術を身につける必要があるのです。


動物は、何かされて怒れば、躊躇なく怒りを表現します。牙をむき出しにして威嚇します。これは自分を守るために絶対必要な本能なのです。


怒りを表現する

相手の侵害行為によって怒りを感じている場合、一番大切なことは、「私、怒ってます」と相手に知らせることです。多くの人は、「怒りを顕わにしてはならない」と思い込んでいますが、逆なのです。


怒りはしっかりと適切に表現し、相手に自分は怒っているんだということを知らせる必要があるのです。自分の怒りを押し殺してなかったことにして、「怒っていないフリ」をしてはいけません。

相手に怒りを伝える一番簡単な方法は、

「私、今、あなたに〇〇されて、怒っています」

ストレートに言うことです。

相手は自分がしていることであなたが怒っているという自覚がないことが多いのです。なので、「私、怒ってます」とストレートに伝えることで「ハッ」と意識が自分へ戻り、態度が改まる可能性があります。

自分と「怒りのエネルギー」が一体化してしまっている場合、なかなか「淡々と」怒りを伝えることが難しいです。「怒り心頭に発して」わめき散らしてしまったり、怒りの感情を相手にぶつけてしまったりします。そうした場合は相手と感情のぶつけ合いになるだけで、こちらの真意が伝わりにくくなります。


こちらの真意と目的は、「今あなたは私の領域を侵害していますよ」と知らせて、侵害行為をやめてもらうこと。まずは、怒りと自分が分離して少し距離を保てるだけの「プレゼンス」を育む訓練を行いましょう。

プレゼンスは日本語にはない概念で、なかなか育むことが難しい資質ではありますが、当サイトではこちらのファイルでプレゼンスを体験できるよう工夫しました。


次の記事では、今感じている「怒り」が正当なものかどうかを見極めることの重要性について書きます。


© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。