あなたが支配・コントロール下にあるサイン

自分が支配・コントロールの渦中にあるかどうかの見極めが出来ることが大切です。

支配・コントロールされているときには、以下の特徴があります:


  1. 自分が何かすることに、そこはかとない罪悪感を感じる

  2. 自分がやりたいことをやるための「許可」を得ている

  3. 自分が「それ」をしなくてはならないという「義務感」を感じる


例1


パートに出ているが、仕事の後は家へ直帰しないとお姑さんの機嫌が悪くなる。少しでも帰宅が遅れると嫌味を言われるので、嫌味を言われないように、いつもまっすぐに帰るようにしている。


例2


本当は料理は得意ではなくて毎日するのは苦痛だが、料理は女がするものであるから、頑張って毎日するようにしている。


例3


来月友人たちと泊りがけの週末旅行へ行くことになった。夫には申し訳ないけれども、「行ってきても良いよ」と言ってくれたことに感謝している。


例4


本当は趣味の集まりに出たかったが、今出かけると夫の機嫌が悪くなるので、断った。


上に挙げたのは支配・コントロールのエネルギー関係の典型的な例です。


本来であれば、自分の自由は誰にとやかく言われる筋合いのものではありません。双方の自由を尊重し合い、都合を調整し合い、調和的な関係を保つことは必要ですが、自分の行動の制限が入って来たり、罪悪感や申し訳なさを感じたり、そのための補償行為が入ってくる場合、それは機能不全の関係と言えます。


自分の行動やパターンを振り返って、このような感じ方があるとすれば、それはあなたが自分以外の誰かや何かに今支配・コントロールされているというサインです。


関連記事:あなたに「義務」はない


© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。