オールドソウルの特徴

関連記事:オールドソウルでスターシードの歌手アンジェリーナ・ジョーダンに対する反応


オールドソウルかどうかを診断するテストは こちら から。


何度も転生を繰り返している魂の歴史が長いオールドソウルは、オールドソウルであると一目でわかるような雰囲気をまとっています。

ノルウェー出身のジャズシンガー、アンジェリーナ・ジョーダンはまさしく老成した魂だけが醸し出すオーラをまとっている一人です。


ノルウェー国内のタレントショーで優勝したのは8歳の時(7歳で出場、優勝時には8歳)。1歳半の頃からジャズを歌い始めたとのことですが、審査員の一人が「生まれた時からウィスキーを飲んで来たような声ね」と評しました。


歌う時はいつも靴を脱いで裸足になるのがアンジェリーナのスタイルです。6歳のときに見かけたホームレスの少女が、履く靴がなく冬でも裸足だったことから、アンジェリーナは自分の靴を少女に与え、「この世のすべての子供が自分の靴を持てるまで」歌うときは裸足になるポリシーを持ったそう。

6歳ですでにこうした強い信念を持てるあたりが、オールドソウルの特徴です。何度も転生を重ねてきているため、肉体は子供でも、中身は老成し成熟している。


オールドソウルの声

アンジェリーナ7歳の頃のパフォーマンス


アンジェリーナ9歳の頃 同じくオールドソウルであるエイミー・ワインハウスのカヴァーパフォーマンス


エイミー・ワインハウスのオリジナル


アンジェリーナ12歳の頃のパフォーマンス


アンジェリーナ13歳のパフォーマンス


オールドソウルが取り組む「個性化」「分化」の 無料 E-Book が完成しました。個性化について理解を深めたい方は是非ご利用ください。


オールドソウルのためのスピリチュアル・コンサルテーションこちら


© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。