自分に合う人を見極めるために必要な3つのこと

私たちは、自分をよく知らないうちは、自分に合う友人やパートナーがどんな人なのかよくわかっていません。


私自身、10代、20代の頃の恋愛は、「なんだかよくわからないけれど」出会いがしらに恋に落ちた相手と付き合ったりしていました。


意外に思われるかもしれませんが、私自身は恋愛において自分から相手に向かっていくことはできませんので、いつも相手からのアプローチを受け入れる形で恋愛が始まっていました。

若い頃の私は「自分」という人がよくわかっていませんでしたし、自己否定が強い人だったので、自分とはとうてい合わないような相手とばかり付き合って、結果的に不満に感じたり辛い思いをしていたように思います。


自分に合う人はどんな人なのか、逆に、合わない人はどんな人なのかを見極めるためには、以下のことが必要です。

  1. 自分自身を深く知ること

  2. ありのままの自分をまるごと肯定すること

  3. 自分を愛すること

今の私は、その頃に比べれば格段に「自分のこと」を分かってきていますし、自分を肯定する力もありますので、「自分に合う人」はどんな人かがある程度「明確化」しています。

例えば、私は完全インドア派で、週末ごとに外出するような生活はストレスになってしまいます。コロナウィルスで外出するなと言われれば、2年でも3年でも外出せずに、ストレスを感じることなく過ごせる人なのです。

自宅を心地よく整えて、家の中でまったり寛ぐのが何よりもの至福な人なので、私のパートナーも同じようにインドア派でないと、折り合いが悪いことを知っています。

世の中にはどういうわけなのか、「家にばかり引きこもっているのは良くない」というジャッジメントがあるように思います。なぜそういう価値判断が生まれたのか理由はわかりませんが、今の私は、これは与太事だと思っています。

もちろん、外出して気分転換になったり、ストレスが解消できる人たちがいることは理解できます。外出が楽しくて好きなタイプなのだと思います。

でも、中には私のように、外出すると消耗してしまう「エンパス体質」の人たちも、沢山いるのが現実なのです。そういう人たちに、外出が好きな派のアドバイスは何の役にも立ちません。私たちは、外出すること自体がストレスになってしまうのですから。

エンパスは、「自分だけの空間」で寛ぐことでエネルギーをチャージします。その時間が他の人よりも多く必要で、家の中で動物と戯れたり、映画を観たり、音楽を聴いたりすることでストレスを解消して英気を養う。

そういう自分の性質を深く理解して、「それでいいのだ」と完全に肯定することができてから、私は「家に閉じこもってばかりいてはダメ」と言って、私を無理やり外へ連れ出そうとする人たちとは、付き合わないようになりました。そういう人たちと付き合うこと自体がストレスになるからです。

私たちは、自分と向き合い、自分という人を深く理解して愛することができるようになると、自分に合う人はどんな人なのかが自然とわかるようになってきます。

自己価値感や自尊心が低いままだと、「私だって完璧じゃないんだから」などと言って、合わない相手を受け入れようと無理していたり、相手の問題を見て見ぬフリをしてしまいます。

健全な自己肯定感が育ち、自分の価値を受け入れらるようになると、合わない人たちからは離れるように、自分が変化していくのです。

今の私は、友人もパートナーも、以前よりもぐっとシビアな目で選ぶようになっています。自分がどんな生き方をしたい人なのか、パートナーシップに求めるものは何なのか、友情関係に求めるものは何なのかを、過たないようになってきているのです。

長い癒し・浄化・統合のプロセスの成果の一つです。


© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。