幼児的欲求不満と甘え

多くの人は自分の内面にしっかりと向き合った経験を持たないために、内面に「幼児的な甘え」を残したまま大人になり、そのことに対して自覚がありません(無意識)。


たとえ肉体が60歳でも70歳でも、中身は小さな子供のままであるケースがほとんどなのです。ただ、本人にその自覚がないだけです。

癒されていない「幼児的欲求」や「幼児的な甘え」があると、人間関係において摩擦を起こし、ことあるごとに「痛み」が刺激されますが、それをそのまま表現することが「自己表現」であると、勘違いしてしまうケースも多々あります。


  • 私の気持ちわかって

  • 私を認めて

  • 私に共感して

このような基本的欲求の表現は、セラピーの中で存分に行うことで、日常生活において相手や他者にぶつけるものではないのです。


あるいは、自分の中にこうした幼児的な欲求不満があること自体に目を向けようとせず、抑圧し、「自分にはそんな欲求はない」とタカを括って逃げ切ろうとするケースもあります。


そうしたケースでは、気づいてもらえないインナーチャイルドの欲求不満が捻じれた形や曲がった形で噴出し、数々のアディクションを生み出したり、誰に対しても本音を言えない表面的な人になったりします。


毒親になるケース


インナーチャイルドがしっかりと癒えないまま生涯を過ごす人は、何歳になっても中身は子供のままです。

私がプライベートで知るある人は70代ですが、自己犠牲が激しい性格で、私ならとうてい我慢しないひどい状況でも、「私はいいの」の一点張りで自分を犠牲にして相手に合わせ続けます。「私は平気」と言い張りますが、その実、家では30代の娘さんに愚痴を聞いてもらって慰めてもらっているのです。


この人が大人として成熟するためには、自己犠牲をせずにはいられない自分に気づき、「なぜ自分はそこまで自己犠牲的なのだろう?」と自問し、根底にある恐れと痛みを癒すことで乗り越え、他者に迎合しなくても済む自分に変容するしかないのです。


ですが、たいていの人はそれをしたくないため、自分の問題から目を背けて逃げ続けます。

自分自身が大人になりきれない親は、必ず子供を犠牲にします。これに例外はありません。共依存で親に盾突かない子供なら子供は病んでいきますし、健全な自我と自己主張がある子供であるなら、毒親と縁を切ります。


子供とは本来親とは別の固有の存在です。子供は親の感情処理の道具ではないのですが、多くの親は自分が精神的に自立出来ていないために、子供に依存せざるを得ないのです。このようにして、子供は毒親によって蝕まれて行きます。


内面が未熟な人は愛する能力がない

私たち人間は、自分がしっかり成熟して大人になるまで、他者を愛することができません。

私は当サイト上で「個人的な内容のメールを送らないでください」というお願いを徹底していますが、これを知ったある方からこんなメールを頂きました。

「メールでお話できなくなるのは寂しいですが・・・(なんとか耐えてみます)」

この方は私よりも歳はずっと上でしたが、私に甘えていました。ご自身が抱える虚しさや寂しさを、私と関わることで満たそうとなさっていたのです。本当に成熟した人であれば、自分の痛み(お話できなくなるのは寂しい)をこちらに伝えることなく、私の意志を尊重してくださるものです。自分の痛みを相手に知ってもらいたいというは甘えなのです。


私自身、自分の中で処理できない罪悪感や繋がりを求める気持ちから、自分のメンターに対して「甘え」が出ることがあります。でもすぐに気づきます。そのときには相手から「境界線」を示してきますので、それを100%理解して尊重し、自分の痛みの処理は自分で行います。相手に知らせたりはしません。


それが自立した大人というものです。

支援やサポートを求めることと甘えることは違う

支援やサポートを求めることと、甘えることは違います。

甘えとは基本的に、「私は一人では立てないので、あなたに支えてもらいたい、あなたに私を満たしてもらいたい」という依存であり、相手の意志や自由を尊重することができません。相手に対して過大な期待を抱き、相手がそれに応えてくれない・自分を満たしてくれないと傷ついたり敵意を抱いたりします。

一方、支援やサポートを求めることは、「私は一人で立つと決めたので、そのプロセスで必要な支援やサポートをお願いしたいです」と、すでに「自立の姿勢」なのです。

セッションへ来て、「こんなことがあって、こんなに傷ついて悲しいので、その気持ちをわかってもらいたいんです」というのは甘え・依存です。「こんなことがあって、悲しいので、根本的な癒しを行って解放したいです。そのためのサポートをしてください」というのは支援・サポートを求めることです。

私たちは、「自らを助く」と決めた方たちのサポートができるだけです。「助けて欲しいのでなんとかしてください」という甘えの姿勢でいる方を助ける方法などは、もともとありません。


© 当サイトおよびブログ記事・画像・ロゴ・商標の無断転載・記載を禁じます。著作権は百瀬章子が所有しています。