自分軸で生きるために必要な「境界線」について詳細を解説しました。

 

※ お支払い画面で問題がある場合は、ご連絡ください。

 

【内容】

 

境界線とは

境界線が無い時の意識の在り方

境界線があるときの意識の在り方

境界線の問題があることを示すサイン

境界線を引くことで得られるメリット

境界線を引くことができない最大の要因

要因を癒して取り除く

個人的な人間関係における境界線

 相手との相性

 ストレートに自己表現すること

 「境界線を引くこと」は「嘘をつくこと」ではない

 「境界線を引くこと」と「相手に自分を押し付けること」は違う

境界線を引けないのは90%自分の責任

 自分で自分の境界線を侵害している例

 親子間・家族間の境界線問題を解くためには

自分の痛みは自分で感じること

境界線を引くと起こること

本当の意味で世界と繋がるために 

 

【 E-Book 一部抜粋】

 

「本当の自分」とは、世間や社会に受け入れられるために迎合した「偽物の自分」ではなく、「ありのままの正直でオーセンティックな自分」という意味です。(中略)

「他者や世間と繋がるためには、本当の自分を隠して、自分以外の誰か別人を演じなくてはならない」と頑なに信じていることが、私たち人間が感じている世間からの疎外感や断絶感の最大の要因なのです。ですが真実は逆で、本当の意味でこの世界と繋がりたいと思ったら、最初から本当の自分を出す必要があるのです。「これが自分です」というものをハッキリと示し、それを受け入れてくれる人たちと「だけ」付き合っていくのです。境界線をハッキリさせればさせるほど、私たちは「本当の自分」で世界と繋がり始めます。この時に初めて、恐れや不安を乗り越えて、「ありのままの自分でいることの幸せ」を実感するのです。

 

(抜粋終わり)

 

【動画セミナー】

 

動画セミナーの特典として付けています。興味がある方はご覧ください。

 

【お客様のご感想】

 

「境界線」とは馴染みがない言葉で、最初はピンときませんでしたが、E-Book を読んで「なるほど、自分軸か」と思うことがたくさんありました。これはまさしく自分だと思う箇所も多々ありました。自分を癒すことは簡単ではなく、頭で理解できても実践に移すのはなかなか出来ない部分もありますが、これを教科書にしながら私なりに取り組もうと思います。ありがとうございました。

 

(長野県  M.K.さま)

 

【免責事項】

 

  • 価格は事前告知なしに変更することがあります。
  • コンテンツは事前告知なしに改良・修正を加えることがあります。
  • 効果には個人差があります。
  • 特定の効果を確約するものではありません。 

 

【サイトご利用規約および免責事項とプライバシーポリシー】

 

購入される前に、当サイトのサイトご利用規約および免責事項とプライバシーポリシーを必ずお読みください。お支払いと同時に、ご利用規約および免責事項とプライバシーポリシーに同意したものとみなします。

境界線を引く

¥1,650価格